下記に、「エサ釣り編」「ルアー編」とに分け説明してあります。
ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡ください

■エサ釣り・貸し道具
黒鯛の落とし込み釣り初挑戦の方は、当船に貸し道具を用意しており、料金は¥1,000円となります。
ご利用の場合は事前にご相談下さい。
初挑戦の方に黒鯛を釣らせることが得意ですので、黒鯛を釣るための秘訣を親切丁寧にお教え致します。(~o~)b

■ルアー・シーバス 貸し道具
ルアー関係の貸し道具は一切ありませんのでご注意下さい。



■エサ釣り編
■仕掛
道具・仕掛けなどの準備は、一般の堤防で使用する道具&スタイルでOKです。


■竿
黒鯛の落し込みで使用する2.4〜3.1mの短竿を使用します。
ポイントによっては長竿(4〜4.8m)が使いやすい場所もあります。

一般的な状況では、2.7mの竿が長さ的に使い安いです。
狙うポイントによっては、竿の長さが3mを越えると使いにくい場合がありますし、4〜4.8mの竿の方が効率良く攻める事ができるポイントもあります。
竿の長さについては攻める場所により異なりますので、最終打ち合わせの際、お客さまにご報告しております。

とは言え、短竿が好きな方はどんな条件でも短竿で勝負しています。
常連のお客様は短竿と長竿の2本準備し、状況に応じて使い分けれいる方がいらっしゃいます。

竹竿はなるべく利用されない方が良いと思います。
船から黒鯛を狙う場合、表層を狙いの釣り方となりますので、ヒットした瞬間の走りが強いので、竿に変な癖が付く危険性が多いにあります。

また、狙う場所によっては障害物のキワから黒鯛を強引に引き寄せる強引なヤリトリをする場所があります。
この様な場所では竿に非常に強い付加がかかりますので、愛する竹竿をダメにする危険性もあります。

竿尻にヒジアテが付いていない竿には、ビジアテを付ける事をお勧めします。
この件は、1度乗船されないとわからないと思いますが、一般的な堤防からの釣りとは異なり、船からのヤリトリはでは黒鯛のパワーに驚くと思います。
50cmクラスの黒鯛のパワーに耐えるにはヒジアテが必要です。

尚、黒鯛の”イカダ・かかり釣り”で使用する竿は、この釣りには向いていませんのでご利用できません。
理由は、長さと竿先の柔らかさの関係で使いづらい事と、「アワセ」と「聞きアワセ」のタイミングが合わなくなり、貴重な1匹を取り逃がす要因になるからです。


■リール
タイコリールを使用します。
55cm以上の黒鯛をキャッチしたいのであれば溝の掘っていないリールがお勧めです。

近年流行っている指の当たる部分に溝が彫ってあるタイプだと、
黒鯛の強い引き込みでラインを出しすぎたり、ラインを強く止めすぎてしまい、ハリス切れを起こしたりする危険性があります。
また、ラインを出す時に親指が弾かれ、指を傷める原因となります。

溝堀リールが使いやすいのは確かですので、ご使用頂いても問題はありません。
何度か大物とサヨナラすれば、極普通の形状のリールが使いたくなるかもしれません。


■ライン
営業開始当初、「ラインは2号以上の太さがあればOKです」との文章を記載しておりましたが、
慣れない船の上からのヤリトリの為、黒鯛が障害物に逃げ込まれ、ライングレイクする問題が何件も発生しました。

当船では乗船の際、3〜5号をお勧めいしています。
この事により、ラインブレイクを最小限に押さえる事ができます。

船からの釣りに慣れてくれば4号が使いやすいと思います。
ベテランになれば3号でもOKですが、日本記録の黒鯛と格闘するには少々不安があります。

日本記録を狙うなら5号が良いのですが、ラインのスベリが悪くなりますので少々使いづらいのがたまにきずです。

実際、ヒットした大物の黒鯛は、危険を回避するために近くの障害物に向かい猛突進し障害物に回り込みます。
この時、ラインを強引に止めてしまうとラインやハリスが切れてしまいますので、ハリス強度の限界を感じながらラインを出すしかありません。

ラインを出すと障害物にハリス&ラインが接触します。
強度的にラインの方が弱い事と、接触する範囲がライン側の方が多い為、必然的にハリスが切れる前にラインが切れる事が多くなります。

また、黒鯛が障害物に回り込んだ際、強引にヤリトリするとラインブレイクしてしまいますが、
秘伝の「出ておいで釣法」を行えばキャッチできる確立がかなりUPします。
この「出ておいで釣法」を実践する場合、ラインが細いと切られる危険性が高くなりますので、私の経験から4号以上のラインを使用する事をお勧めしております。

まあ、実際に乗船し黒鯛に切られてみないと号数の問題は理解できないと思います。
尚、乗船の際に太いラインを使った場合は、帰宅時に普段使用しているラインに巻き替え、水洗いしてから次回のために保管しましょう。


■新素材ライン
新素材のラインはお勧めできません。
この糸は、魚とのヤリトリの最中、キュキュと非常に大きな音を発生しますので、近くにいる魚に悪い影響を与えると考えております。

また、特殊な遠投方法でチョイ沖に仕掛けを投げ入れる事もありますので、新素材はクタンクタンで張りがない関係で、糸絡みし使いづらいです。
もちろん、強制ではありませんので、ご利用頂いてもOKです。


■ハリス
ハリスは”2号”のハリスをを使用します。

黒鯛狙いの場合、海水のニゴリが薄い場合は、1〜1.5号に落す場合もあります。
海水のニゴリが良い場合は2.5号や3号のハリスでも釣れますが、ヒットする魚の絶対数が減ります。

使用するハリスのメーカーは好みの問題ですが、船からの釣りでは障害物にスレて切られる危険性がとても高いので、シーガー・グランドマックスをお勧めします。
シーガー・グランドマックスは、障害物に付着しているカラスガイ・カキ・フジツボに接触した場合でも、その強度を発揮する物凄いハリスです。

但し、グランドマックスは高価なハリスです。
この商品の素晴らしさは、何度も魚に切られ後悔した方にしか理解されないと思います。
大物をバラシたくない方は、準備される事をお勧めします。

尚、グランドマックスFXは2005年度にチョコチョコと使用しましたが、グランドマックスと同じ強度なのかはよくわかりませんでした。
今後も使用を続けテストを行う予定です。


■ハリ
ハリの種類は、チヌバリか伊勢尼(イセアマ)を使用します。

ハリの大きさは釣り人の好みの問題で、1〜3号の小さなハリをメインで使う方もいれば、
7号・8号の大きなハリを使う方もいますので、普段から使用している商品でOKです。

尚、色は何色でもOKです。
私は、黒色をメインで使用しています。


■ガンダマ
Bから5Bまでをメインで使用しますが、繊細な釣りをする場合は、ジンタンのような小さなサイズを使い場合もあります。

皆さんが普段使用しないジンタンサイズのガンダマは当方で用意してありますので準備する必要はありません。





■ルアー編
■ロッド
6〜8ft(3m以内)のスピニングタックルをお勧めします。

ロッドの調子は好みの問題ですのでお好きな調子でOKです。
また、ここ最近ベイトロッドも流行っていますので、ご使用頂いても大丈夫です。

私は先調子で胴の部分が固いバスロッドが好きで、長さ210cm〜240cmを使用しています。
尚、3mを超えるロッドの場合、他人にケガをさせる危険性がありますので極力ご利用を避けて下さい。


■リール
スピニングリールのご利用をお勧めします。
一般的にはドラグを利用した釣り方で大丈夫です。


■ライン
ラインは皆さんの好みの素材と太さでOKです。

私はナイロン16LBライン(4号)がお気に入りです。(最近はフロロカーボンの3.5号を使用しています)
一般的には、PEラインかナイロン8〜12LB+ショックリーダーだと思います。

最近は新素材のPEラインが流行っているようで、8割のお客さまが使っています。
新素材のラインは、糸よれによるトラブルが多く使いずらいので私は使いません。

新素材のラインをお使いになる方は、トラブルが発生した時、即効で対処できるよう、予備のリールをご用意される事をお勧めします。
ちなみに、トラブルしやすい要因は、揺れる船の上からピンポイントを狙った際、風の影響やサミングが上手く行かなかった時に問題が発生します。

陸からの釣では考えにくい現象ですが、狙う距離・船の立ち位置・釣り仲間の釣り位置など、
完璧にサミングが出来ない状況が多々発生しますので、リールを巻き始めた瞬間に糸ヨレが出来、このヨレがトラブルを引き起こすと考えています。


□ご注意
色の付いたナイロンの蛍光色ラインを使用する方は、必ずショックリーダーを付けて下さい。
ナイロンラインの色はクリアーカラーの透明の物から、水面の色に合わせた色付きの物までいろいろの種類があります。

私はクリアー系が好きですが、ナイロンラインを購入する時に一つだけ注意していることがあります。
それは蛍光色の入っているものがあることです。

蛍光色が入っていると、昼間使用している時に少々光る為、私の経験では、リーダーを付けずにルアーを直結すると極端に釣れなくなりますのでご注意ください。

実際、ラインを購入する時に蛍光色が入っているか判別できれば良いのですが、
PKGに入って売られている商品を目視しただけでは確実に判別することができない関係から、PKGを開封した時に蛍光色が入っている事がわかりガッカリすることがあります。
なので、ナイロンラインを購入する時は慎重に選びましょう。


■ショックリーダー
ショックリーダーの太さは16LB以下(4号)をお勧めします。
今までの経験から、20LB(5号)を使うと確実に釣果が悪くなります。

シーバスの活性が良くルアーに積極的にバイトしてくる条件ではリーダーの太さなど関係ありませんが、
ごく普通の条件ではルアーにバイトしてくる回数が減る ので、おのずと釣果が悪くなります。

この事は、昔、7cmのルアーが好調な条件で釣りをする際に判った事です。
7cmのルアーを使うと、私の行うストップ&ゴーの単純なアクションで、ルアーを丸呑みされるケースが多くなります。

この際、口のザラザラした部分でラインがこすれラインブレイクするケースが増えます。
対処方法として色々試した結果、16LB(約4号)までなら釣果に問題はないのですが、20LB(約5号)にすると、ルアーに反応するシーバスの数が激減する事がわかりました。

我々人間が思うに、横方向へ引っ張っているルアーなのだからリーダーの太さなんて関係ないと思うのですが、シーバスには不自然な輝きを放つラインが見えているのだと思います。

現に、エサ釣では細ハリスを使うと食いが良く、太くなるにつれ食いが悪くなります。
その限界の太さはハリス2号で、2.5号にすると3割程度釣果が悪くなります。

尚、ナイロンライン・12LB以下をご使用になる場合は、ルアーを飲まれた時、切られる危険性が非常に高いので必ずショックリーダー付けて下さい。
長さは50cm程度あればOKです。

□参考:ショックリーダーはフロロカーボン系の素材が良い
ショックリーダーはナイロン素材よりフロロカーボン系がキズに強いです。


■スナップ
ご使用頂くスナップはお好きな商品でOKです。

参考までに、私のお気に入り商品をご紹介します。
私は写真のタイプの一番小さい物を使用しています。

なぜこの商品を使うかとゆうと、今まで市販されているスナップを何種類か使用しましたが、
魚とのヤリトリの最中に開閉部分が開きルアーが外れる危険性があり、何度か痛い目にあいました。

開閉部分が開いてしまう要因は、ルアーがシーバスの口の中に飲み込まれ、偶然にもスナップの開閉部分がシーバスの口の開閉で押されて開いてしまうのだと思っています。
そこでルアーフイッシングに使用できそうなスナップを色々と試した結果、「ある2種類のスナップだけは外れない」とゆうことがわかりました。

その一つは下の写真の商品で、もう一つは『ハワイアンフック』でした。
但し、ハワイアンフックはルアーの取り外しがしにくい事と、何度も開閉を行っていると金属がポキっと折れてしまうので、ルアーフィッシングには向いていないと感じました。

お気に入りスナップ名:YO-ZURI  トローリングスナップ 1号か2号で、個人的には2号が好きです。
写真左側はラパラCD-7、右側がCD-9です。

  


■ルアーの種類
ご使用になるルアーの種類は、お好きな商品&サイズでOKです。

メインはミノーの9cmを使う釣り方となりますが、バイブレーションやワームをご利用頂いても大丈夫です。
但し、ジグを使用するポイントは滅多に攻めませんが、ご持参頂いても大丈夫です。


□ナイトゲーム(夜の釣り)の場合
7〜12cmのミノープラグを使用します。
ヒット率の高い種類や長さは断定できませんので皆さんの好みでOKです。
また、近年流行っているワームでも大丈夫です。


■お願い事項
フックのカエシは、危険防止の為、ペンチで潰して下さい。

小さい魚を優しく海にリリースするする為にもカエシを潰す事をお勧めします。
通常のヤリトリでは、バラシ対策でカエシの必要性は無いと思っております。

また、ルアーを外す際に魚が暴れて、ご自分の指にルアーを「グサッ」っと刺してしまうハプニングが極稀にあります。
こんな時、私がペンチでフックをつかんで「ウリャ〜!」と抜くのですが、
カエシが潰してあると傷口は小さく済みますが、カエシが付いたままでと傷口が大きくなってしまい出血量も多いです。

安全面からもフックのカエシは潰しておいた方が良いです。