当船が行うルアーによるシーバス狙いは、障害物回りを狙う完全ストラクチャーゲームとなりますので、常にストラクチャー(障害物)の横1m以内を確実に狙える場所へ船を近づけ釣りを行ないます。

 一般的な遊漁船(同業者)が行なっている、鳥山を狙ったり、浅瀬・沈み根・潮の変化のある場所と言った、普段から魚が付きやすい場所を狙う釣り方は基本的に行いません。

 この為、ストラクチャー(障害物)から5m以上離れた場所を狙ったり、海上の何もない場所を狙うような釣りは行ないませんのでご注意ください。

 もちろん、近くで鳥山やシーバスのハネが出ている時には狙いますが、基本的に、鳥山を探して走り回るような釣りは行ないません。

 イメージ的には、海上にある建物・クイ・橋げた・堤防の岸壁・海に浮いている台船などに船を近づけ、ストラクチャーに付いているシーバスを狙うスタイルとなります。
 (注:岸壁や桟橋の下などを狙う、『穴打ち』は行なっておりません)

 使用するルアーはミノープラグ(5〜9cm)を使った表層狙いがメインとなり、ジクやバイブレーションを使った狙い方は殆ど行いませんのでご注意ください。

 もちろん、ジグやバイブレーションがお好きな方はご使用可能ですので、ご自分の判断で使用していただいてかまいませんので、ご安心ください。


 当船では、この特殊な狙い方の関係から、『予約乗合での募集人数を2名様』までとしております。
 尚、お友達どおしなら3名様までがお勧めです。
 4名だと、1名が全く釣れない場所へキャストするケースが多くなる関係から、全く釣りにならない状況となります。


 ルアーフィッシングの醍醐味を味わうには、昼(デイゲーム)の釣りをお勧めします。
 その理由は色々とあります。

 ◎釣れる魚のサイズが大きい事。

 ◎釣れる可能性の高いピンポイントへルアーをキャストした際、魚がヒットした瞬間、
  『釣れた!』のではなく、『釣った!』との感動が味わえます。

 ◎使用するルアーの種類・カラー・アクションの違いで、『釣れる・釣れない』の差が出ます。

 ◎海水のニゴリが薄い時には、シーバスがルアーにバイトする瞬間を真近下に見る事ができます。 
  逆に、ルアーを追い掛けては来るがバイト(アタック)しなかったり、
  不自然な動きに警戒し反応し反転して逃げていく姿などを見ることができますので、シーバスの習性や行動を学ぶことができます。


 以上のように、昼(デイゲーム)の釣りは、夜(ナイトゲーム)の釣りと異なり、非常に難しい部分が多いのですが、シーバスの気持ちを理解し、釣るための攻略方法を探す楽しさがあります。



目次
 1.シーバスの気持ち
 2.釣り方紹介
 3.狙うポイント
 4.シーバスを釣るためのテクニック
 5.釣れる魚のサイズと、当日予想される釣果
 6.ストラクチャー(障害物)に付いている魚と、鳥山の付近で小魚を追いかけている魚の違いについて
 7.お勧めのルアー
 8.ピンポイントキャストの重要性
 9.夜(ナイトゲーム)との比較 
 10.夜(ナイトゲーム)の連続ヒットとの違い 
 11.魚の行動や習性を学ぶ
 12.魚の活性が悪い場合






1.シーバスの気持ち
 昼間、陸からシーバスを数多く釣ろうと思っても、なかなか思う様に釣れません。
 これは東京湾の場合、立ち入り禁止の場所が多く、釣りが出来る場所が限られており、大勢の人々が一つの場所に集まるからです。
 この為、警戒心の強いシーバスは、人の居ない沖の障害物で『楽しく?』生活しています。


 皆さん、ちょっと想像して下さい。

 あなたがもし魚だったら、怖い人間の集まる場所へ『ゴハン』を探しに行きますか?
 そこが高級料理店(美味しいエサ)で、価格が安く食い放題でも、命と引き換えとなると考えてしまうと思います。

 船で沖へ出ると、人間の気配を感じる事の無いストラクチャー(障害物)が沢山あります。
 ここには、警戒心の少ない魚が生活しています。

 この場所にルアーを落としたらドオナルと思いますか?
 そう、釣れるのです。


 「ルアーを落とせば必ず釣れるのか?」と言われると、実際は魚が居ても、釣り方が悪いと釣れません。
 特にボートを保有されている方は、「魚が見えるのに何で釣れないんだろう?」と苦戦したり、「ここのポイントには、魚が居ないんだな!」と釣れる条件でも諦めている方は多いと思います。

 カッコイイ事ばかり書いていますが、実際、私がキャストすれば「必ず釣れるのか?」と聞かれると、「条件しだいですね!」となってしまうのが自然の恐怖です。

 例えば、昨日は2時間で、50〜60cmのシーバスが50匹(プラス、バラシ×20匹&バイトのコン×50回)釣れたと考えて下さい。
 今日も大漁と思いウキウキして出船すると、「アレレ? 反応が無い? たった2匹しか釣れない!」となります。

 この様に大自然の恵みのは運しだいで様々に変化します。
 しかし、この逆も多々ありますので、ご自分の強運を当船で試してみませんか?





2.釣り方紹介
 私の釣りの基本スタイルは、ミノープラグを使用し表層付近のシーバスを狙う釣り方です。
 この為、バイブレーション・ジグなどを使い、少し深めの水深や、中層から底周辺までの水深の魚は基本的に狙いません。

 表現を変えれば、表層狙いの釣り方がメインとなり、ルアーを泳がす水深を一切無視した釣り方ですので、必然的に、シーバスが表層付近に浮いている条件でないと釣果が悪くなります。


 私の本業は漁師ですので、実践では、『いかに短時間で数を釣るか』を皆さんにご紹介したいと思っております。

 一般的な攻め方としては、1箇所のストラクチャー(障害物)でキャストする回数は2,3回(平均2回)です。
 二人で狙う時は、一人2回キャストします。

 また、ストラクチャーがゴチャゴチャと沢山ある場合は、船の動きに対し、お好きなポイントをお好きなように探っていただく釣り方となります。

 尚、運悪く釣れる可能性の高いルートをリトリーブする事ができなかったり、魚の反応(ルアーへバイト)があった場合は、シーバス状況を確認するまで4,5回キャストを繰り返す時もあります。

 通常、ヤルキのある魚は2,3回キャストすればヒットする事が多くなります。
 もしヒットしなくてもルアーに反応を見せますので、「バイトの際のコン」があったり、ルアーを追い掛けて来る魚の姿を見ることができます。

 以上のように、私の攻め方は1箇所のポイントで粘るのではなく、効率良くポイントを移動し、魚の群れが入っているポイントをいち早く探す方法です。


 今までの経験で、魚がいる場所(ストラクチャー)では約10mm距離を2回キャストすれば、魚ががその場所(表層)に「居るか・居ないか」の結果がでます。

 この距離の関係で、短時間で広範囲を探ることができ、魚の群れとの出会いが必然的に高まりますので、ルアーフィッシングの凄さと素晴らしさを体験できると思います。

 但し、ミノーで狙える時期や条件がありますので、必ずしもこの方法で釣れるとは限りません。
 この事から、ご予約を頂いたお客様へは当日予想される釣果の報告し対応&、営業期間をミノープラグで狙える季節としています。


 ボートから行う一般的な狙い方は、
 鳥山を攻めたり、魚の集まりやすい、『潮の変化のある場所を攻めたり』、『底付近に変化のある場所を攻めたり』、『潮目を攻めたり』、『魚群探知器で魚の群れを探し攻める』といった行動で、ミノー・バイブレーション・ジグなどを使い、表層から中層まで丹念に狙う方法だと思います。

 この為、日頃から1つのポイントで粘り、魚のいそうな水深を丹念に探ぐる釣りのスタイルの方には、当船が行う釣り方が、今ひとつ納得できない釣り方に感じると思います。

 何故この様な釣り方をするのかに付いては、シーバス関係の文章、項目【ルアーを泳がす水深】に記載してあります。 (文章をUPしていなくてすいません)

 デイゲームでのシーバス狙いで、魚の群れに当たった時の連続ヒットは最高の喜びです。
 大きな群れには6〜10日に1度程度しか出会えませんが、小さな群れは毎日何処かにいます。
 私の釣りの基本スタイルは、群れが入っているポイントを効率良く探すことをメインに考えています。














3.狙うポイント 
 狙うポイントは、必ずストラクチャー(障害物)のある場所を狙います。

 ストラクチャーとは、『橋げた』、『大型船を係留するシーバース』、『クイなどのストラクチャー(障害物)』、『堤防や岸壁のキワ』、『港湾作業で使用する台船』などです。

 朝一番に狙うポイントは、前日までの釣果が良かった場所から始めます。


◆狙い方の基本・その1
 小さな障害物を狙う場合は、障害物の1m以内を確実に狙える場所に船を付けます。

 障害物と船の距離は狙うポイントによって様々で、障害物から少し離れた場所に付けることもあれば、船を障害物のギリギリに付ることもあります。

 で、釣れる可能性激高の場所へキャスト!
 お一人が2,3回キャストし、魚がヒットしたり反応があれば追加で2,3投追加キャスト。
 反応が無ければ次のストラクチャーへ移動します。

 この動作を繰り返します。
 そのポイントで粘るか移動するかは魚の活性状態で判断します。

◆狙い方の基本・その2
 大型船を係留するシーバースを攻める場合は、狙える障害物が沢山ありますので、船を左右に動かしながら色々な場所を攻めます。

 この場合も障害物の1m以内を確実に狙える場所に船を付け、お客さまにはお好きな場所を狙っていただくスタイルとなります。

 そして、シーバスの気配を感じた時には流し直す行動を取りますが、反応が無かった場合は細かい移動を繰り返し、釣れる可能性の高そうな障害物を狙い続けます。
 で、「この場所は釣れない」と判断した場合は、別のポイントへ大移動します。



 ちなみに、海水のニゴリが薄い場合はルアーを追う魚の姿が見えますので楽しいです。
 だからと言ってしつこくキャストしても一度警戒してしまった魚は中々ヒットしません。
 なので当船では早い段階で見切りを付け、次から次へとストラクチャーを攻め続けます。


◆参考
 シーバスは群れで行動する事が多いようです。
 群れの大きさは小さな群れから大きな群れまで様々です。

 大きな群れが入ると、付近にある殆どのストラクチャー(障害物)でシーバスが釣れます。
 群れの滞在日数は、群れの大きさにもよりますが、1〜10日以上とバラバラです。

 例えば、2日間良い感じで釣れたから「今日も!」と気合いを入れて出掛けたら、なんと、「全く反応が無くなり1匹しか釣れなかった!」、と言う事は日常茶飯事です。
 また、比較的魚が集まりやすいポイントの場合、一週間以上に渡り、安定して釣れる事が良くあります。

 70cmを超える大型は、不思議と群れから離れ単独で行動している『風来坊』が多い様に感じます。
 理由は分かりませんが、少しでも多くの獲物を捕食する為、単独行動を取っているのではないでしょうか?

 私が行う効率の良いポイント移動は、必然的に、群れの早期発見と、この風来坊に出会う確立が高くなります。














4.シーバスを釣るためのテクニック
 私は元々エサ釣り師でしたので、ルアーでシーバスを真剣に狙う事は漁師になってからはじめました。
 この為、ルアーフィッシングで数が釣れるようになるまで大変苦労しました。

 今までの経験から、ルアーの種類・カラー・アクション・リトリーブのスピード・リーダーの太さなどの問題で、シーバスが警戒しルアーを追わなくなる事がわかっています。

 お越しになったお客さまには、ヒット率をアップする為のテクニック(秘訣)を簡単に説明しております。
 もちろん、「私の考えた釣り方で釣れ!」とは言えませんので、お客さまはご自分の経験と、お好きなスタイルで釣りをして頂ければOKです。

ご説明している内容は、
 ・ルアーの種類とカラー
 ・リトリーブスピード
 ・アクション
 ・キャストする位置(ヒット率が高いポイントの説明)
 ・障害物周辺でバイトさせるテクニック

 その他、私がどのように苦労したかはシーバス関係の参考文章に記載してあるのですが、早く文章を訂正しアップしようと思いつつ、未だに閲覧できないのが現状です。
 いやはや、申し訳ございません。

 まあ、私の釣り方を簡単に言ってしまうと、見えるシーバスと格闘し得た釣り方なので、『シーバスに教えてもらった釣り方』となります。









5.釣れる魚のサイズと、当日予想される釣果
 昼(デイゲーム)釣れる魚の7〜9割りが45cm以上で、魚の平均サイズは群れの大きさにもよりますが、50〜65cmクラスがメインといなります。
 ちなみに、45cm以下のセイゴクラスはなぜかしら少なめです。

 70cm以上のクラスは、毎年比較的良く釣れる季節があります。
 5月中旬から7月中旬までは、70cmクラスが1日に1〜4匹、80cmクラスが2日に1匹程度釣れます。

 8月は海水温上昇によりルアーへの反応が悪くなり、70cm以上のクラスの釣れる確立が極端に悪くなります。
 9月以降は数が徐々に減り、70cmクラスが1日に1匹程度、80cmクラスが4,5日に1匹程度と減少します。
 また、私のホームグラウンドである湾奥の場合、残念なことに90cmクラスは滅多に釣れません。

 ちなみに、私は1mクラスを釣った事がありませんが、泳いでいる魚を目撃した事は2回あります。
 私の確認した2匹は、丸々に太ったシーバスでしたので、その姿は「太い丸太の木」の様で、想像を超えるほどの迫力があります。

 確認した時はいずれもエサ釣りの時でしたので、近くにエサを落としてもピクリとも動かず完全無視の状態でした。
 「それでは!」と思い、エサを上下に動かしてアピールしたらゆっくりと泳ぎ去りました。(~_~;)


 この釣れるサイズのデータは、私が遊漁船の仕事をはじめる前に漁師として生活していた時のものですが、遊漁船の仕事をはじめてからは70UPが頻繁に釣れず苦戦しています。

 釣れなくなった理由は東京港の港湾工事が増えた事、工事の影響で狙うポイントが減った事、魚の入りが非常に悪くなった事が要因だと思っています。


 出船当日に予想される釣果については、2,3日前にお電話を頂ければご報告できます。
 状況が悪い場合は、キャンセル(料金無料)が可能ですので、事前に予約された事を後悔される事はありません。

 但し、6〜9月までの期間は、殆どが黒鯛狙いでの出船となりますので、シーバスの状況は全くわからないままでの出船となり、釣果は運しだいとなりますので、あらかじめご了承ください。

 まあ、黒鯛を狙っていると、近くでシーバスのハネが出たり外道で釣れたりしますので、どのポイントに魚が入っているか少しはわかります。

 ちなみに、2,3日に1回はシーバス狙いで出船していないと、各ポイントへの魚の入り具合がわからないので、少々効率の悪い釣りとなります。
 当船では、釣果が悪かったり、移動時間に時間がかかってしまった場合は、無料で釣りをする時間を増やし対応しています。








6.ストラクチャー(障害物)に付いている魚と、鳥山の付近で小魚を追いかけている魚の違いについて
 船からシーバスを狙う場合、当船が行なう『ストラクチャー狙い』以外に、『鳥山狙い』と『日頃からシーバスが付きやすい場所狙い』とがあります。

 個人的に、鳥山を探す為に走り回る行為は『効率の悪い釣り方』と考えているので、当船ではストラクチャー狙いでの釣り方をしています。

■ストラクチャー狙い= 大型船が停泊するバースなどの障害物・橋げた・岸壁など
■鳥山= シーバスが小魚を追い回し、水面にハネ(ボイル)が出ており、水面に追われる小魚をカモメやカツオ鳥が捕食している状態。

⇒小魚:カタクチイワシ・イワシの稚魚・キビナゴ・サッパなど
⇒ちなみに、水面で遊んでいるボラの稚魚(イナッコ)は嫌いな様で、イナッコを狙うハネ(ボイル)は滅多に見る事ができません。
■日頃からシーバスが付きやすい場所=海底に変化のある場所・潮のブツケ
 このような場所にはハネ(ボイル)が出やすい。

⇒海底に変化のある場所:浅瀬・海底に水深の変化がある場所(かけ上がり)・ゴロタ石が入っている場所
⇒潮のブツケ:潮の流れがブツカリ小魚が集まりやすい場所・大きな障害物に潮がブツケている場所


 鳥山付近のシーバスを狙った場合、ヤルキのある大きな群れの場合は楽しい釣りができますが、鳥山を見つけられなかった場合や小さな群れだった場合はアチコチ走り回る釣りとなり、ルアーをキャストする時間が少なくなってしまいます。

 この効率の悪さの関係から、私は鳥山狙いが好きではありません。
 もちろん、鳥山の下にシーバスのハネ(ボイル)がでた時には超楽しく、入れ食いになった時など、「これぞルアーフィッシングの醍醐味」と思う釣りとなりますので、近くで鳥山が出た場合は積極的に狙います。


 本題である、ストラクチャーに付いているシーバスと沖で小魚を追っているシーバスとの違いですが、正直申し上げて別物の魚に思えるほど、その習性と活性が異なります。

 結論を先に申し上げると、ストラクチャーに付いている魚の場合は、とても神経質でルアーの動きやキャスト位置が悪いとスグに警戒してしまうほど繊細な釣りとなります。

 逆に、沖で小魚を追うシーバスはそれなりにヤルキがあり、ルアーの種類や大きさ・リトリーブスピード・アクションなどを気にしなくても、それなりに釣れます。
 表現は悪いのですが、ルアー初挑戦の素人でも釣る事ができる魅力があります。

 この為、お客さまにシーバスを釣らせるには鳥山狙いが楽なのですが、鳥山を探す効率の悪さから、当船では安定した釣果を得る事ができるストラクチャー狙いでの釣り方としております。


■ストラクチャーに付いているシーバスの習性
 普段、極普通の活性状態でストラクチャーに付いているシーバスは、かなり警戒心が強く、ルアーをキャストしリトリーブするコースが悪いとルアーにバイトしない状態となります。

 また、リトリーブ中のルアーを積極的に追う事はなく、障害物から3mほど離なれた距離までは追いかけますが、3m以上の距離は活性が高くヤルキがないと追いかける事はありません。

 その理由についてはシーバス関係の参考文章に記載しておりますが(まだUPしていません・ペコリ)、シーバスは小魚の捕食がヘタクソのようで、ストラクチャーの横を泳ぎ去る小魚(ルアー)の動きを見つめ、捕食できるようであれば小魚(ルアー)にバイトしますが、「捕食は難しい」と感じた場合は小魚(ルアー)を追う行動を止め、ストラクチャーの影に戻ってしまいます。

 そう、信じられないほど諦めが早いのです。
 しかし、青物やシーラなどは小魚を積極的に追い回しますので、シーバスは青物やシーラとは泳ぎ方や捕食の仕方が違うのだと思います。

当船では、この諦めの早いシーバスを諦めないでルアーにバイトさせるテクニックをお客さまにお教えしています。
■鳥山狙い
 上記の文章で「シーバスは小魚の捕食がヘタクソ」、「ルアーを積極的に追い回す行動はとらない」と記載しましたが、鳥山の下で小魚を追い回すシーバスは青物のようにとても積極的です。

 この為、ヤルキ満々の群れの中にルアーをキャストすれば、入れ食いになる事が良くあります。

 もちろん、活性の悪い群れの場合はファーストキャストではバイトがあっても、その後、スグに警戒してしまうことも良くありますし、釣り人の技量(アクション・リトリーブスピード)やルアーの種類や大きさの違いで、ルアーにバイトする絶対数が変わってくる事があります。

 まあ、鳥山の付近で小魚を追い回しているシーバスは比較的釣りやすいです。
■なぜ捕食行動が違うのか?
鳥山の下で小魚を追いかけるシーバスを見ていると、とても捕食が上手い魚に思えてしまいますので、ストラクチャーに付いている臆病な魚とは別の種類に感じてしまいます。

なぜ捕食行動が違うのかはわかりませんが、人間と一緒で、運動神経の良い魚と悪い魚が居るのではないのでしょうか?

運動神経が良い魚は、表層を泳ぐ美味しい小魚ちゃんを追いかけ捕食しているのに対し、運動神経の悪い魚は、ストラクチャーの側に接近する小魚ちゃんを、ストラクチャーの陰に隠れて待ち続け、「チャンス!」と思った時に捕食するのだと思います。

そして、ストラクチャーから離れてしまった小魚は、「追いかけても無駄」と思うようで、積極的に追い回す行動を取らなくなります。

とゆう事は、己の捕食する実力を理解しており、自分にあった捕食行動を取っていると考えたほうが良さそうです。









7.お勧めのルアー
 当船でお勧めしているルアー(ミノー)は下記の2種類となります。
 このルアーさえあれば、どんな条件でも後悔しませんので、乗船の際はご準備される事をお勧めします。

■ラパラ(Rapala)⇒サイト
□商品:CD-9(シンキングタイプ・9cm)

■マリア(Maria)⇒サイト
□商品:タイトスラローム⇒サイト

 上記以外、お客さまにはシンキングタイプ・9cm前後のルアーをお勧めしています。
 使用されるルアーの種類はお好きな商品でOKです。
 また、バイブレーションがお好きな方には、ラトルなしの商品をお勧めしています。










8.ピンポイントキャストの重要性
 昼(デイゲーム)の釣りはとても面白いですが、釣れる可能性激高の場所へルアーを正確にキャストする事ができないと釣果が半減します。

 夜(ナイトゲーム)の場合は、明かりの下や障害物のキワなど、ある程度釣れる可能性の高いコースへ投げればヒットする魚も、昼(デイゲーム)では、障害物のキワ1m以内に正確にキャストしないと魚が居ても釣れませんので、キャストの技術で釣果が二分します。

 もちろん、ヤルキ満々のシーバスの群れの場合は、リトリーブコースが多少離れてもバイトがありますが、一般的な条件ではルアーに反応を見せません。

 イメージとしては、
 ルアーが障害物から1m以内の距離をリトリーブしている時には釣れる可能性が高く、
 ルアーが障害物から1m以上離れると魚が警戒すると言った感じになります。

 そして反応しないシーバスの行動は、ルアーの不自然な動きに警戒しているように見え、ルアーの後ろをボーっとした表情で追い掛けて来るだけとなります。

 この関係から、お客さんはキャストした後、「これは魚が居ればバイトするぞ〜」とか、「こりゃダメダ!」と言ったりと、皆さん船の上で楽しく釣りをされています。


 昼(デイゲーム)の面白さは、
  →狙った場所へキャスト!
  →思い通りのコースをリトリーブ中に『ガツン!』とシーバスがヒット!
 この瞬間がとても楽しいです。

 また、魚が良くヒット(バイト)するピンポイントを確認することができたり、海水のニゴリが薄い時は、リトリーブ中の魚の行動を自分の目で観察できますので、ルアーのチェンジやアクションなど色々と試す楽しみもあります。

 この時、『釣った!』と言う快感を味わいたいので、ミノープラグのルアーを使っています。
 と言っても、表層付近の魚を釣るには、ミノープラグが一番良くヒットするのですがね!

 但し、楽しい反面、釣り方が悪いとシーバスを警戒させてしまい、自らが釣れにくくする場合もありますので常に注意が必要です。
 この件は、下記の要因で発生します。


◎リトリーブコースの問題
 釣れる可能性の高いポイントを狙う際、ルアーのリトリーブコースが悪いと魚が警戒する事がわかっています。

 ヤルキのある魚の場合は問題の無いことですが、普通の条件〜ヤルキの無い魚の場合は、そのキャスト以降ルアーを追わなくなる危険性があります。

 例えば、ストラクチャーから1m以内をリトリーブするのがベストと考えた場合、誤って2m離れた場所をリトリーブすると、そのストラクチャーについている魚が警戒し、それ以降ルアーを追わなくなります。

◎ルアーの種類の問題
 ルアーは数多くの商品が販売されていますが、リトリーブ中の泳ぎ方がイマイチだと魚が警戒し、それ以降ルアーを追わなくなります。

 ナイトゲームではそれほど気にならない事ですが、デイゲームの場合はかなりシビアな世界があるようです。

 魚が警戒する理由はわかりませんは、私の想像では、ヨロヨロと大きなアクションのルアーに警戒する傾向があるように感じます。
 多分、危険&人間のワナだと見極める能力があるのだと思います。

 その反面、ルアーをキャストする事により、ヤルキの無い魚の活性が上がりルアーへの反応が良くなる事もありますので、我々釣り人が理解できない事は沢山あります。

◎ルアーの大きさの問題
 この件も不思議な事なのですが、11cm以上のルアーをリトリーブすると魚が警戒し、それ以降ルアーを追わなくなります。

 私が時々目撃する『水面を泳ぐカタクチイワシ』の大きさは、9〜12cmの大きさです。
 平均すると10〜11cmなので、11cmのルアーに警戒する理由が全くわかりません。

 しかし、魚が警戒する姿を何度も見ていると、皆さんも11cm以上のミノーを使うのは止めようと思うはず?(~_~;)



 以上の内容は常識的に考えても信じられない事ですが、長年の体験で明らかになった事です。

 この内容については、当船にはじめて乗船される方は気にされなくても大丈夫です。
 何度か乗船されるうちに段々理解できるようになります。

 また、文章を読むと難しい釣り方に感じると思いますが、皆さんのお気に入りにルアーで普通に釣りをされれば問題ありませんのでご安心ください。
 そして、「こんな感じで釣りをしてくれ!」などと、釣り方を強制することは一切ありませんので、お好きなように楽しんで頂ければ幸いです。

 参考までに、初めて当船に乗船される方へのアドバイスを下記にまとめてみました。


◎はじめて船に乗られる方へ
 狙うストラクチャー(障害物)の釣れる確率の高いポイントは、私が皆さんに2,3度アドバイスすれば理解できる簡単な内容です。

 疑問がある方は、どんな些細な事でも構いませんのでご質問くだされば、その場で丁寧にご説明致します。

◎キャストの練習
 キャストの技術で釣果に差が出るのがデイゲームの釣りです。

 日頃からブラックバスの釣りをされる方は、ある程度正確なキャストができますのでそれほど問題はないのですが、陸からのシーバス狙いのように、飛距離を重視した釣りをされている方は、ピンポイントへ正確なキャストをする機会が少ない関係でキャストの問題で多少苦労します。

 はじめて乗船される方は、比較的簡単な場所を狙いますのでご安心されて大丈夫です。
 1度乗船されるとキャストの重要性を理解するので、日頃の釣りで練習するようになります。

 また乗船された当日、上手くキャストできずに屈辱を感じることも必要です。
 この行動が己のレベルアップとなり、数を釣る為の技術を会得する弟一歩となります。




 以上の事から、再び乗船されたお客さまの9割近くの方が、日頃からキャストの練習をするようになり優秀なルアーマンに変身されます。(^o^)

 話しによると、日頃行なう陸からの釣りで、コントロールを意識しながら釣りを行なうようになるそうです。
 まあ、何事も経験ということですね!
 

 更に出船中、お客さん自らが、『狙う場所のシーバスの活性や魚の入り具合』などの状況を判断ができるようになりますので、より一層ボートフッシングを楽しめるようになります。

 例えばキャストが上手くなると、
  「ヨッシャ〜、このコースは釣れるぞ!」
  「このコースをリトリーブして反応がないのであれば魚が居ないのだな!」
 など、お客さんご自身が、狙っているポイントの状況を判断します。

 そして私はお客さんから聞き得る、『魚の反応とルアーのリトリーブコースを見て』、『移動するか? 更に2.3回キャストするか?』の判断をしますので、常にお客様と情報交換をしながらの釣り方となります。


 また、見えるシーバスとの格闘を行なうと、キャストの重要性が良くわかると思います。
  『ルアーにバイトする瞬間』
  『ルアーを見きる瞬間』
  『ルアーの種類によるシーバスの反応』
  『アクション』
  『ヒット率の高いカラー』
 など、その日のヒットパターンをシーバス君が己の命をかけた行動で皆さんに教えてくれますので、ヒットパターンを発見した時は最高の喜びとなります。

 この為、船の上では、「くそ〜〜」、「何でバイトしないんだよ!」、「ウブブ・・・、反転して逃げられた!」など、皆で大笑いしながら釣りをしています。(^o^)

 以上の事により、福の神丸に一度乗船されると皆さんヤミツキになることが最近良くわかってきました。
 特に、海水のニゴリが薄い時の評判が良く、魚の行動やバイトシーンが真近下に見えることに感動されるようです。
 ルアーマンの皆さん、当船でキャストの重要性を学んで見ませんか?
 

 その他、ピンポイントキャストの重要性に付いては、項目【衝撃!捕食する瞬間パートU】で詳しく説明しています。 (UPしていなくてすいません)





9.夜(ナイトゲーム)との比較 
 ナイトゲームの場合は釣れるポイントがある程度限定されるのに対し、デイゲームでは全ての場所がポイントとなりますので、安定した釣果を得ることができます。

 例えば、ホームグラウンドの東京港周辺は、夜間、釣れる確立の高いポイントがある程度限られている関係で、このポイントに魚が入っていないと、お遊び程度にしか釣れない状況になります。
 もちろん、魚の群れが入り、釣れる条件が揃った場合は入れ食いに遭遇する事も多々あります。


 昼と夜の釣果を『平均』して考えた場合、日によって釣果は異なりますが、昼間55cm以上の魚が30匹以上釣れたとしたら、夜は8匹前後となります。
 この時、『フッキング』しなかったり『バラシ』たりする魚が有りますので、昼間は、夜の約4,5倍アタリが多い計算になります。

 この問題は、魚の釣れるポイントに関係があります。
 夜の場合、真っ暗の場所では殆ど釣れなくなり、街灯などの明りが少し差し込む場所がポイントとなります。

 東京港の場合、川崎・横浜方面とは異なり、この様な場所はある程度限られているので、この場所で釣れないと必然的に釣果が悪くなります。
 逆に昼間は、この明りの問題が一切ありませんので、全ての場所で釣れる可能性があります。




10.夜(ナイトゲーム)の連続ヒットとの違い 
 ストラクチャー狙いでミノープラグを使った釣りの場合、『連続ヒット!』の言葉で連想する釣れ方が、デイゲームとナイトゲームで異なります。

 シーバス関連のホームページを読まれている方はご存知と思いますが、ナイトゲームでの連続ヒットの場合、1箇所のストラクチャー周辺で、キャストする度にバイトがあるような条件となります。

 バラシても、フッキングしなくとも、次から次へとルアーへアタックしてきます。
 これが30分〜2,3時間以上続くのですから、スゴイの一言です。

 この入れ食いを体験された方は、ルアーの凄さを知る事と共に、「シーバスはアホな魚だ」と思われる方は多いはずです。
 このような入れ食いは、昼(デイゲーム)の鳥山狙いでも同じようなことがいえます。


 しかし、ストラクチャー狙いによる昼(デイゲーム)のシーバス狙いは、食いが立っているとは言え、とても繊細な釣りとなります。
 もちろん、活性の非常に高いヤルキ満々のシーバスの群れの場合は、ナイトゲームと同様にキャストする度にバイトがある条件になりますが、この様な幸運は頻繁にあるわけではありません。

 デイゲームにおける、ごく一般的な条件での『ワンキャスト・ワンヒット(バイト)』のパターンは下記のようになります。
 狙う場所は、今まで攻めていない『新規の場所』を狙った場合と考えてください。
 尚、海水のニゴリ具合でルアーへの反応が多少変化します。


◎ワンキャスト目でヒット(バイト)する確立は7〜8割と高めで、その後のキャストではヒット(バイト)する確立が悪くなります。

 但し、ワンキャスト目で魚の活性が上がる事もあり、その後の展開が良くなることがありますが、殆どの場合は、活性が悪くなる方向へ変化します。

 ルアーを見切った瞬間の魚の行動は、ストラクチャーの底方向へ向かってゆっくりと泳ぎ去る魚や、ルアーの後方を船の真下までついて来る行動を取る魚がいます。

 注意しなければならない事は、ルアーを追い掛けて来る魚のヤルキの無いことです。
 バイトチャンスをうががっている時の行動とは違い、不自然な動きをするルアーの動きを警戒しながら見つめている感じとなります。

 なので、その後にキャストしても、魚が警戒している関係でバイトしないケースが多くなります。

 シーバスにしてみれば、「アレレ? ゴハンかな? 人間のワナかな?」、「ゴハンにしては変な動きだな〜? 少し様子を見るか?」との印象を受けるのではないでしょうか?

◎ワンキャスト目で一度バイトがあった場合、同じコースを再び攻め、『再び同じ魚が』ルアーにアタックする確立は2,3割程度です。

 実際には別の魚がバイトしてくるケースも目立ちますので、トータル的に考えるとアタックする確立は3〜6割と高くなります。

◎ルアーに『コン!』とバイトがあったのにフッキングしない場合、リトリーブ継続中に『同じ魚』が再びバイトする確立は2,3割程度です。

 但し、別の魚がルアーに再アタックしてくるケースが多々ありますが、その場合の確立は魚の群れの大きさで変化しますので申し上げることはできません。

 尚、『同じ魚が再びバイトする確立2,3割程度』と記載しましたが、この数字はルアーの種類やその後のアクションで変わってきます。

 この数字は、あくまでも私が行う『のりそこないの魚を再びバイトさせる秘密のアクション』を実践した時の数字となりますのでご注意ください。
 ちなみに、当船にいらして頂いたお客さんには説明しています。

◎一般的には、1〜4回のキャスト&リトリーブで探ってしまうと、そのポイントの魚は警戒し、5投目以降のバイト率が極端に悪くなります。
 もちろん、ルアーへの反応が良い場合は釣りを続けますが、普段は効率が悪いので別のポイント&ストラクチャーへ移動します。




 以上の様に、デイゲームにおけるシーバスの行動は、食い気はあるのですがとても神経質ですので、魚に警戒心を与えてしまったら、この魚は30分以上休ませてからではないと釣れません。

 当船の釣り方は、魚に警戒心を与えないようポイントを常に休ませながら釣りをしいますので、ナイトゲームの様に、1箇所での入れ食いパターンとは異なります。


 なぜルアーに警戒するか考えた場合、ルアーの泳ぎで発生する水の抵抗音と、ラインから発生する水の抵抗音がある様に感じます。
 私が思うに、いつも捕食している小魚ちゃんとは違う、警戒心をあおる音が水中に響き渡っているのだと思います。

 なので、魚の活性が良い場合でも、キャスト&リトリーブを繰り返すと警戒するのだと思います。
 この詳細については、項目【シーバスは、「エサとルアー」 どちらが釣れるの?】に記載しております。(文章をUPしておらず、すいません)


 良く人との出会いを『一期一会』と言いますが、正に『デイゲームにおけるシーバス』との出会いも一期一会となり、たった1度のフッキングチャンスを、とても重要視する繊細な釣りとなります。






11.魚の行動や習性を学ぶ 
 皆さん、普段シーバスを狙っている時、魚が釣れないのは、『ルアーの種類が悪いのか?』、『魚がいないのか?』、『それとも狙うポイント?』、『いやアクションが悪いからかも知れない?』など、不安な気持ちを心に抱きながら、ルアーをキャストされたりテクトロで攻めたりしているのではないでしょうか。

 魚の行動や習性について学ぶには昼(デイゲーム)が最高です。
 デイゲームだからこそ、魚の行動を自分の目で観察したり、ヒット率の高い場所を実感することができます。

 また、魚が釣れる条件の中で釣りをしますので、他人との釣果で差がでる事により、自分の釣り方の悪い部分が解り、『ルアーの種類の問題』、『アクションの問題』、『カラーの問題』、『ピンポイントへのキャストの重要性』に気付かれると思います。


 日頃から、下記の疑問をお持ちの方は、ルアーに対する考え方が変わり、必ずレベルアップに結び付くと思いますよ!

 ◎デイゲームでのシーバス狙いは『数が釣れない』と言われているが、実際はどの程度釣れるのか?

 ◎ルアーは、ホントに効率良く釣る事ができる道具なのか?

 ◎どの種類のルアーに良くヒットするか?

 ◎どの種類のルアーが、『バイトの際の乗りそこないのコン』ばかりでフッキング率の悪い商品か?

 ◎どの種類のルアーが、ハリ外れによるバラシが多いか・少ないか?

 ◎どの種類のフックが、フックング率が良いか・悪いか・大きさは何番が良いか?

 ◎どのようなアクションが効果があるか?

 ◎リトリーブするスピードはどのくらいが良いのか?

 ◎シーバスが警戒してしまうパターンは何か?

 ◎障害物の攻め方で一番良くヒットする場所はどこか?

 以上のように、『魚の行動や習性について学びたい』との気持ちをお持ちの方は、当船にどうぞお越しください。




12.魚の活性が悪い場合
 昼の釣りの問題点は、魚の活性が悪い場合の対処方法です。
 私がルアーマンの皆さんをご案内するのに一番心配な事はこの内容です。

 例えば、ここ1週間、50〜60cmクラスが必ず30匹(プラス バイト&バラシ×30回)は釣れていると考えて下さい。
 それが、突然10匹前後に激減する事が良くあるのです。

 この時、魚がいないのなら諦めが付くのですが、魚はいるのに口を使わない事が多いのです。

 この状態は魚の活性が悪く、ルアーを追う気がなかったり、目の前を通過したルアーに一度バイトして終わってしまう現象です。
 この時、フッキングすれば良いのですが、乗りそこなうと、この魚は再びバイトして来ません。


 対策は7cmのルアーに変えることである程度改善できますが、根本的な対策ではありません。
 しかし、この条件の時、エサ釣りに切り変えると活発に食ってきますので困った問題です。
 
 エサ釣りの好きな私にとっては、今まで余り問題の無い状況でしたが、ルアーマンにとっては最悪の状況となります。


 この現象は、海水の水温が高い夏場に発生する頻度が高く、ニゴリのある条件・薄い条件共に発生します。

 また、潮が良い感じで動いている場合にも発生しますので、なぜルアーにのみ反応が悪いかわかりません。
 多分、「俺なら釣って見せるぜ!」とのルアーマンは多いと思いますが・・・。(^o^)


 但し、突然潮が早めに動き出したり、風向きが変わり表層を流れる潮の方向が変わったりすると突然活性が上がることがありますので、最終的な釣果は運しだいとなります。


◆参考
 食いが悪い魚に対し、最近流行りのクルクルや湾ベイトなどブレイドがついた商品が効果がある事がわかりました。
 しかし、ミノーと違い釣れても面白くないのです。 なぜかな〜?(^o^)
 それにバラシが多いのが問題。
 この様なルアーの使用も可能ですので、ご自分の判断で色々な種類のルアーをキャストされる事をお勧めします。


ここに文字が入ります



ここに文字が入ります


ここに文字が入ります