福の神丸

福の神丸

釣果情報

         
       

 16日(月) マクー空間さん もりもりちゃん

■シーバス・デイ(薄暗い時間チョロリ)×チイサイズ×5匹
■シーバス・デイ×58匹 +放流サイズ×1匹

■コメント:マクー空間さん、神懸かり!
この日は朝から絶好調で、ビックベイトへの反応が非常に良い状態。
誤爆の連荘、バラシの連荘、水面を割る”ガボ”のバイト音と水しぶき!

1回のキャストで誤爆4連荘で、船べりでヒット!
しかし、スグにバラシ!
なんて姿ばかりで、一向にキャッチ数が伸びない。

まあ、この現象はビックベイトが好きなルアーマンなら、永遠に楽しみ続けたいロケーション!
そんな時、デカイヤツがヒット!
無事にキャッチすると86㎝・5.1㎏でした。
これだからビックベイトは止められませんね!

ちなみに、「ビックベイトはバラシが多いルアーか?」と言うと、そうではありません。
その日の魚の活性で変化します。
種類や大きさにより、当日ヒット率が高い商品があれば、ヒット率や反応が悪い商品もありますので、頻繁に種類やカラーを変える事がキャッチ数を増やすコツみたいな気がします。

まあ、前半キャッチ数が伸びないのはマクー空間さんだけで、もりもりちゃんと私は好調にキャッチ数を伸ばしました。
アハハ・・・

シーバスのヤル気はしばらく続き、マクー空間さんもビックベイトを別の商品に変えてキャッチ数を伸ばす。
もりもちちゃんが70UPをキャッチすると、マクー空間さんさんも70UPを2匹キャッチし、その後は80㎝をキャッチし絶好調!

アタリが遠のいた後も、一人だけ神懸かり的にヒットを繰り返す展開。
「エ~ッ、マジか?」の連発で、前半のバラシ分をキャッチし、最終的にモリモリちゃんと同じぐらいキャッチできました。

ちなみに、船頭のタモ入れミスが無ければ、プラス5匹だったな~。
魚のサイズが大きな時は、ラバーネットは使わない方が良いと勉強した船頭でした。
アハハ・・・

■シーバス・デイ(薄暗い時間チョロリ)×チイサイズ×5匹
■シーバス・デイ×58匹 +放流サイズ×1匹
□サイズ:53cm前後×3匹ぐらい/56cm前後×14匹ぐらい/60cm前後×25匹ぐらい/65cm前後×10匹ぐらい
71cm×1匹/73cm×1匹/76cm×1匹/77cm×1匹
80cm×1匹/86cm×1匹(5.1㎏)